手法や素材、使用する機材によって新たな魅力を発見することが出来る刺繍は、多くの愛好家を持つ趣味として知られています。
この趣味は仲間とその作品の良さを共有できるという点や、一人で黙々と作業ができるという点においてどのようなペースでも好きに楽しむことが出来るというメリットを持っているのです。
そのため、働き世代や子育て世代の大人女子に熱い支持を得ています。

笹部祐佳里もその1人です。
料理研究家として日夜忙しい日々を送っている笹部祐佳里は仕事の合間を縫って刺繍を行なっています。
この趣味の特徴は自分の好きな時間に好きなだけ進めることが出来るので、ミーティングの合間や新幹線での移動中など、仕事の隙間時間に作品づくりを行うことができます。
これは仕事の疲れを癒す重要な時間となるだけでなく、料理研究家としてのモチベーションやインスピレーションを高める時間としても大切になっているのです。

また、刺繍を始めることによって自分の身の回りのアイテムにも変化が現れると言われています。
既製品にワンポイントを加えたり、自分の力で完全オーダーメイド品を完成させたりと、メディア露出の多い笹部祐佳里にとっては自分の魅力を更に引き出すことが出来る趣味としても重宝しています。