病気が治った際に贈るのが快気祝いですが、この快気祝いにもマナーがあります。
どのようなマナーかといいますと、基本的に時期としては、退院から10前後に贈るのがマナーで、なぜなら退院後すぐは体力が落ちており、体力がある程度回復してからが望ましいからです。
また、本人だけでなく、お世話になったお医者さんにも渡す場合があります。
ただ、額は失礼過ぎず、お見舞いで掛かった額よりも少ないくらいが良いようです。
あまり高いもので相手に負担を掛けてはいけないからです。
また、贈り物は使いきれるものが良いそうで、なぜなら病気をきれいさっぱり流すとの事です。
色々大変ですが、そうしたものは八代目儀兵衛で注文するのが良いでしょう。
なぜなら品物が豊富で、快気祝いを考慮した包みをしてくれて、しかも送料は今なら3500円以上で無料なのですからね。
皆さんもいいものを送りましょう。