子供が保育園に通っていますので、保育士さんは、現在私が最も頻繁に会話を交わすことの多い職業だと言っても過言ではないです。
下の娘は1歳の誕生日から入園しているのですが、保育士さんには本当にお世話になっていて、毎日感謝をしています。
娘は給食がとても遅いらしく、0歳1歳クラスのビリをキープしていました。
毎日他のお友達が食べ終えて遊びだしても、食べ終えれないので、ずっと部屋の片隅で、保育士さんとマンツーマンで給食を食べていたようです。
当時は家でもあまり食べることに関して積極性がなかったのですが、家ではある程度で椅子から降りてしまうので、追いかけて無理やり口に入れていますが、保育園ではまじめに座っているようです。
園では1時間半くらいかけて、給食を食べ終えているようなんですが、よくそこまで気長に付き合ってくれると、本当に驚きです。
家でもある程度は頑張って食べさすけど、上の子もいますし、そちらも手がまだかかるので一人にそこまで気長に付き合える余裕がないのです。
しかし、新年度になり進級し、ある時から自宅でも積極的にご飯を食べるようになりました。
保育園でも自分で食べる光景が見られるようになったようです。
0歳クラスの時に、担任の先生方が気長に対応してくださった結果なのかもしれないです。
本当に感謝をしています。
新年度になる前から、数人の新しい先生の顔を見かけるようになりました。
年度替りの時期は、やめる先生もいるので、年度末数ヶ月前は求人のタイミングなのかもしれないと思いました。
新しい先生は、進級したクラスの担任ではないですが、前のクラスの時の2月3月に何度か見てもらっていて、いい先生です。
長く勤めてくれたらいいなあと思います。保育士・幼稚園求人サイト【ゆめほいく】